妊娠線について詳しく調べた妊娠線の情報サイトです

妊娠線について解説していきましょう。

naverまとめ用

妊娠線とは妊娠中にできる線のことを言います。
妊娠中初期は比較的お腹も大きくなる前なので、妊娠して直後に妊娠せんができるというものではありません。
妊娠から約4ヶ月目から気をつけていくといいでしょう。

妊娠中に気をつける方法

shutterstock_167179904

気をつけるポイント1

まずその1は妊娠中はホルモンバランスが変わり妊娠線ができやすくなります。
よく妊娠して肌が荒れた、妊娠中に黒ズミが目立って気になるようになった…
など聞きますが、妊娠中の肌荒れは良く起こります。
だいたいの妊婦さんが妊娠前の肌の感じと違うことに戸惑いを感じ、
妊娠線以前の問題で、肌の肌質が変わることに戸惑いを隠せないようです。

今までしてきたスキンケアを妊娠中は一度見直してみるといいでしょう。
妊娠前に使ってた化粧水がいきなりしみるようになった!
ぼつぼつができて痒みを感じるようになった!
などなど良く聞く話です。

一時的なものだとまだ良いですがアレルギーが起きて、
他のものにも過敏に反応するようになる可能性もあります。
気をつけたいところですね。

shutterstock_80118394

気をつけるポイント2

妊娠線は乾燥も大敵です。
よく砂漠などの写真でひび割れている地面が写ってますが、
あれは乾燥しているからです。土が乾き、ばきばきっとひびが入るのです。
肌も同じで、乾燥していると伸びなくなり、
妊娠して太ったり、お腹がでてくるとその伸縮に絶えられなくなるのです。

なのでせめて乾燥だけでも気をつけたいところですね。
ニベアなどを塗るだけでも表面は潤います。

アーカイブ