妊娠線について詳しく調べた妊娠線の情報サイトです

妊娠線ができたら

shutterstock_131919485

shutterstock_131686058

妊娠線ができてしまった場合は何をしたらいいか解説していきましょう。

妊娠線予防をがんばってしていてもうっかり妊娠線ができてしまう場合があります。
妊娠線は予防の仕方が悪くてできるのではなく、遺伝的要因もあるからです。
妊娠線ができる要因はお母さん、おばあちゃんから受け継いでる可能性があるんですね。
不思議なのが、妊娠線ができやすい人とできにくい人もいるのです。
すごくがんばって妊娠線予防をしていた人でもできてしまう人がいます。
ですがだいたいの場合が本当の意味で妊娠線予防ができていない場合のほうが多いですね。
その点では別のページでご説明しますね。

shutterstock_131919485
まず妊娠線ができた場合その1

妊娠線ができた最初の段階では妊娠線は赤いピンクの線でしょう。
できたてほやほやの線は鮮やかにくっきり出ます。
ですが時が経つと妊娠線はピンクからどんどん紫色になっていきます。
最終的には白っぽくなっててかてか光るような感じになるのですが、
赤い段階でのケアが重要になってきます。

妊娠線のケアは赤い段階で行いましょう。

shutterstock_172947323
その場合のケア1

妊娠線ができてるのを見つけたらまず、焦らないことです。
できてしまったものはしょうがないです。
そこでストレスを感じてしまうと赤ちゃんにも良くありません。
できてしまった場合はもう堂々と構えましょう。

昔は消えないと言われていましたが、現在は消すためのクリームや
レーザー治療、ボトックス、ピーリングなど様々な方法があります。

予算と相談しながら決めていくと良いでしょう。

アーカイブ